日本たわごと協会

思ったことを心のままに吐露するブログ!

草彅剛が2021年大河に出演 解けはじめたジャニーズの呪縛

SMAPの草彅剛(45)が2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演することが決まったと発売中の「女性セブン」が報じている。

 現在、主演の吉沢亮(26)だけが発表されているが、次のキャスト発表で、草彅のほか、豊川悦司(58)、和久井映見(49)らの名前が明かされるという。

04年の「新選組!」以来17年ぶりの大河出演。草彅はドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(フジテレビ系)で全話の平均視聴率20%超えを記録した視聴率男。その後も演技派で通ってきただけに期待値は高く、「新しい地図」になり、久々の地上波ドラマレギュラーとなれば注目度が上がることは必至だ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「新年度を迎え、さらに“元ジャニーズ”の呪縛も解けてきたといえるのでは。NHKが連ドラの『スカーレット』で稲垣吾郎さんを起用、次は大河で草彅さん起用となると、民放も続々起用し始めるはず。公正取引委員会の指針もあり、この4月に独立したタレントたちの先陣を切って活躍することになるでしょう」

新しい地図」としての活動ももう4年目。2020年パラリンピックスペシャルサポーターの仕事も1年延期となり、来年の草彅はドラマにパラリンピックにと忙しくなりそうだ。

引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/271345 

 

ジャニーズへの忖度も、テレビ局が使いたいような大物がいるからでしょ。SMAPや嵐みたいな。

嵐が解散したら、もうそんな大物もいなくなりますし、忖度するのもバカバカしく思えちゃうんでしょうねぇ。

 これまではSMAPや嵐を使いたいがために、ご機嫌をうかがってきた面もあんでしょうし。

それらがなくなら、ころっと態度変える可能性はあるよね。

ジャニーズは若手グループの育成がほぼ失敗してますし、大物に成長しそうな可能性あるグループもないもんねぇ。見限られて当然ではないかと。

ジャニーさんが死んで、次にメリーさんが死んだら、テレビ局の手のひら返しが起きそ。

それでもジャニーズは劇団四季のように全国に劇場作って、大盛況とかなってそ。逆に、ジャニーズを見捨てたテレビ局の方が先に潰れたりして(笑)。